CASE STUDY 事例紹介

【テレワークのススメ】kintone活用術(補助金申請偏)

2020.04.20


GlobalBがオススメするテレワーク用ツール!
今回は、kintoneを活用術についてご紹介します!

経理・広報・補助金申請・・・と、在宅勤務で様々な業務を行っているため、自分の業務の量の把握と同時に、他の人への進捗報告のためにも、kintoneでアプリを作ってから業務に取り組むことにしています。

今回は補助金申請業務を例にご説明します。
■kintone
[顧客管理]アプリ

 補助金申請を依頼されているお客様の情報を登録するアプリです。
 どの補助金申請でも必要な会社情報を登録しています。

[補助金情報]アプリ

 補助金情報を登録するアプリです。
 補助金情報が公表されると登録します。
 その際に、申請期限や報告期限などを登録しておくことで、期限前に通知が飛ぶような設定ができます。

[IT導入補助金]アプリ

 IT導入補助金の申請に必要な情報を、お客様ごとに登録するアプリです。

■ChatWork
お客様とのグループチャットを通じて、必要資料の依頼などのやりとりを行います。
ChatWorkを活用することで、
 お客様と営業担当者のやりとりをリアルタイムで把握できることはもちろんですが
 忙しい営業担当者を通じてのやりとりではなく、補助金の担当者が直接やりとりできるため
 補助金申請という期限が決められている対応にはぴったりです!

■Dropbox
作成した申請書類、お客様からいただいた必要書類などのデータを全て共有のDropboxに保存することで、
補助金の申請書類作成者だけでなく、現地でお客様に質問された営業担当者や上長も確認することができます。

自分の頭の整理のためにkintoneを活用する!
贅沢だけど、こんなに便利な使い方は他にないと思います!
プログラミングができなくて、マウス操作さえできれば誰でもできます!
いつも何かの業務に追われている方!是非おすすめです。

PageTop