CASE STUDY 事例紹介

【METOOS事例】建築会社の経営の見える化と会計ソフト(会計Freee)連携

2020.04.16

【導入前の課題点】原価の予実管理ができず、収支が後からしか分からない

長崎の10名程の建築系企業。
予定より原料が必要になった際の収支管理が出来ておらず、
月で締めた後にしか数字が見えない状況。

案件管理アプリでのリアルタイムで案件ごとの収支確認、Freee連携で会計業務の効率化

「見積管理」「予算管理」「発注管理」を案件管理アプリと連携することで案件ごとの収支や期間毎の収支を即座に確認出来るように対応。
会計Freeeと連携することで、請求情報の入力や入金消込業務をスムーズにする。

提案概要

PageTop